切らない!目の下のしわを消す方法

Presented by 「切らない!目の下のしわを消す方法」

目の下のシワは美容皮膚科でも消すのが困難。

実は深いシワはあっても大丈夫。むしろ浅いシワが多いほうが老けて見えます。だから消すべきなのは浅い乾燥小じわ。

仮に深いシワが皮膚切除で綺麗に消えても後悔しますよ?なぜなら、他人から見ると明らかに不自然で整形フェイスだとバレるからです。

たるんだ皮膚を切除する手術は意外と安全

やっぱり「切る」手術は危ないの?

目の下のシワ原因が皮膚のたるみ、つまり余分な皮膚が折り重なっている場合に切除する方法があります。

切る場所は目の下のまつ毛直下あたり。比較的傷跡が目立ちにくいからです。

メスを入れることに抵抗がある人も多いでしょうが、最近の皮膚切除手術はイメージほどのリスクがなく安全です。

皮膚切除の最大リスクは跡より突っ張り感と不自然感

思っているよりリスクが少ないなら、あとはお金の問題だね?

と手軽に目の下のシワ切除手術は受けないほうがいいですね。

今の医療技術だと皮膚切除自体はそう大きなリスクはありません。ただその後に大きなリスクがあり、クリニック側と患者側で揉めるケールも多くあります。

そのトラブルが皮膚の突っ張り感や、違和感、見た目の不自然感です。

どれだけ切り取るのか?は医師の腕次第

シワがなくなるなら多少の違和感くらいあるんじゃないの?

ピタッと不必要な皮膚だけ除去できればほとんど違和感はありません。しかし、顔の皮膚の動きは複雑。特に目の周りはかなり複雑です。

手術前に顔の表情を入念にテストして切除する範囲を決めますが、この下準備が下手な先生だと皮膚を切除しすぎるトラブルがあります。

ちょっと笑ったくらいでは何ともないけど、本気で笑ってしまった時に皮膚が突っ張ってしまい表情が硬くなります。診察時は緊張するため普段作る表情より動く範囲が狭くなります。

顔に絆創膏を貼ってみてください。それだけでも普段の表情が抑制されて気持ち悪いですよね?

つまりそれだけ顔の皮膚の動きは繊細。目の下の皮膚切除自体は低リスクですが、どれくらい切除するのか?どうカットするのか?といった医者の腕の差が出やすい内容です。

切らない割にリスクが高い目の下のシワ取り注射

メスを入れるリスクがあるなら注射ならお手軽じゃない?

確かに注射は跡も残らないしお手軽。でも意外と注射のほうが仕上がりでトラブルになりやすいのです。

シワのタイプにもよりますが、最も有名なのがヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸を注入することで膨らみを持たせてシワを平均化。消してしまいます。

ただ、ヒアルロン酸を入れるということは、少なくとも膨らむということです。だから0.1ccだけの注入でも、意外なほどポコッと膨らんでしまうことがあります。

目の下の皮膚が多少でも膨張すると、確かにシワは消えますが代わりに目袋ができるかもしれない…ということです。

目袋ができると影ができてしまい、黒クマが出現する…ということもあります。

FGF・PRP注射の効果はいまいち?

ヒアルロン酸注射と違い、肌細胞の再生を促してハリを取り戻す治療もあります。

FGF注射やPRP注射です。

これらは線維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す細胞を活性化させます。コラーゲン組織を強くしてハリを取り戻し、シワを消してしまう狙いです。

効果的で、かつヒアルロン酸のようにポコッとなりにくいメリットがあります。

ただこれは個人差がかなりあります。ヒアルロン酸注射は物理的に解決するので誰がやっても効果があります。うまくいくかは別として。

しかしFGF注射とPRP注射は、あくまで線維芽細胞の活性化がポイント。細胞がどれくらい反応して元気になるかは個人差があります。だからすごく効果があったという人もいれば、全く実感できなかったという人もいます。

中にはヒアルロン酸注射がうまくいかなかったケースのように、ポコッとなってしまうケースもあるようです。

美容皮膚科以外の目の下シワを消す方法は?

シワには二種類あります。真皮層から刻まれた深いシワと、角質層付近の浅い乾燥小じわの2つです。

深いシワはコラーゲン不足で発生します。コラーゲンは注射で直接増やせません。だから線維芽細胞の活性化か、皮膚を切除して伸ばすしかありません。

しかし、年齢が若ければ、シワができる原因を排除し、紫外線や酸化を徹底的に防げば自然にシワが消える可能性はあります。コラーゲンが壊される量より、作られる量が勝るからです。

これを美容皮膚科なしでケアするなら、線維芽細胞の働きをサポートする成分、例えばレチノール配合クリームが一般的。日本ではごく一部のブランドしか配合していませんが、アメリカでは当たり前すぎるほどのメジャーな製品です。

どうしても深いシワが気になるため、浅い乾燥小じわは消しても大差がないと思っていませんか?

しかし、実際に老けて見えるのは深いシワより本数が多い浅いシワなんです。これに気づいていない人が多いですね。

確かに深いシワは目立ちます。ただ、これを消そうとして皮膚切除や注射を繰り返すと、そこだけピンと皮膚が張ったかなり異常な見た目になります。

年齢を重ねるとシワは絶対にできます。でも目の下だけピンとしてシワがないとどうでしょうか?目の下だけ妙に目立ってしまい、いかにも整形した、若作りしている不自然な顔になります。

そうなるとバランスをとるために、おでこや頬など他の部位の皮膚切除もすることになります。そうなると顔が突っ張ってフランケンシュタインと変わりませんよ。

なぜ浅いシワのほうが老けて見えるの?

目の下の皮膚はとても薄いため、そもそも深いシワが他の部位より浅くなります。

逆に浅いシワはいっぱいできます。結局、目の下はこの浅い乾燥小じわの集合が深いシワ1本より目立ってしまいます。

なぜなら、それだけ肌が暗く見えるからです。そして、浅い乾燥小じわが目立たない状態じゃないかぎり、何をやっても深いシワも消えません。乾燥小じわができている目の下は、すなわち深いシワもできやすい状態だからです。

浅い乾燥小じわはどうすればいいの?

浅い乾燥小じわは、角質層の水分不足で起きます。この状態はバリア機能が低く、紫外線や手の接触により肌細胞が破壊されやすい状態です。

だから何より肌水分量を上げること。それも一時的ではなく24時間安定して肌水分量を保つことが大事です。

そのためには保湿が必要です。ただ目の下は皮膚が薄く、水分を保持するセラミド量が元々少ないのが特徴。

ただ肌表面を潤すのではなく、セラミド、もしくはセラミド類似の成分を肌に与えること。水分は勝手に染み出してくるので、それをずっと肌にキープできる成分を与えるのがポイントです。

セラミド保湿していれば乾燥小じわは消える?

乾燥小じわの場合、消えるというよりは目立たなくなるのが正解。なぜなら、また水分量が落ちるとすぐに目立ってくるからです。

あと気をつけないといけないのは洗顔やクレンジング。

目の下のシワ原因は、だいたいこの洗顔やクレンジング。そして乾燥によりバリア機能が低下。かゆみが起きてこすってしまったときの「刺激」「セラミド流出」が原因です。

目の下は皮脂腺がほとんどないためあまり汚れません。そして古い角質も溜まりにくいため、意識的に指を当てて洗う必要はありません。シワが目立っている人は、洗顔料が目の下に付着しないくらいでもO.K.です。最後に洗い流す前に軽く洗ってすぐに水で流しましょう。

とにかく角質層内のセラミド保持を心がけること。これだけでも目の下のシワの印象はかなり変わります。

特に暗さがなくなり透明感が出るため、仮に深いシワがあっても見た目年齢は相当若くなります。これはできるだけ早く始めた人勝ちです。

目の下の印象を変えるセラミド保湿化粧品

美容皮膚科と同じ成分! ビーグレン トータルリペアアイセラム

トライアルあり 高浸透リポソーム

ヒト型のセラミドを一番すぐれた浸透技術リポソームでカプセル化。だから1回で潤いが続き、乾燥小じわのある目の下を一瞬で明るくしてくれます。とにかく馴染み具合が最高でした。他のアイクリームと違い、少量で明らかな違い。美容皮膚科でも処方、治療に使用される成長因子も配合。ホームケアの枠を飛び越えた製品です。※以下のトライアルセットにのみ含まれています

敏感肌専門ブランド! ディセンシア アヤナス

トライアルあり 敏感肌専門

敏感肌専門ブランドながらコラーゲン生成サポート、コラーゲン劣化原因となる糖化ケアが可能な唯一無二のセラミドコスメです。ラインナップにアイクリームがありますが、予算を抑えるならアイクリームなしで通常クリームだけでもO.K.です。アイクリームがベストですが、通常クリームが目の下問わずに気にせず使えて経済的。敏感肌専門ブランドだからこそできるお得な使い方です。※アイクリームもトライアルできます

医薬部外品の作用! ライスパワー RAIZリペア

トライアルあり 医薬部外品

乾燥小じわは水分不足のターンオーバーが原因。セラミド不足を補う方法には、ライスパワーエキスNo.11のセラミド増産作用も期待できます。ライスパワーエキスNo.11は国産米由来のセラミド産生作用がある成分。目の下に不足するセラミド増加を促すから、乾燥小じわを目立たなくさせるケアに最適。誤魔化しではない本当の目元ケアです。※目元にはクリームがおすすめ